多加水麺

多加水麺とは?茹でたて名人のCMで言葉だけが有名になりましたが

おぎやはぎが出演するCM「カップラーメン・茹でたて名人」にて多加水麺!なんて言葉がかっこよく出てきます。

しかし、どれだけの人がその意味を知っているんでしょうか?

知らなかったらググれ!とでも言ってるんですかね。

多加水麺

早速エースコックの思惑通りにググって見ました。

すると、多加水麺とは「麺の中の加水率」の割合によって呼び名が変わる事がわかりました。

一般的には「40%以上」の加水率なら、多加水麺と呼びます。

 

てかそもそも、加水率ってなんだよ!?って話なんですが、

簡単に言うと、麺の中にどれだけの水が含まれているか!?の数値です。

麺を作る際に、水を入れる量によって変わる所になります。

 

ここが職人の腕の見せ所で、どのくらいの水を混ぜるのか!?

目分量で勝負する所も多くあります。

 

多加水麺の特徴は、食感と見た目がもっちもちのテッカテカになります。

スープには絡みにくい麺と言われていて、保存性があまりありません。

その代わり、元から水を多く含んでいるので「途中で伸びにくい」です。

 

濃厚なスープのラーメンには、こういった多加水麺のほうがマッチするかもしれません。

好みもありますけどね。

私が好きなのも多加水麺です。

 

http://www.youtube.com/watch?v=2Q1Y1vRDK9k

 

地方によっても特色があって、多加水麺が主流の地域は東日本。

特に北海道~東北辺りがこれに該当します。

 

ちなみに、加水率が低いと「低加水麺」と呼びます。

30%を切るものは全て低加水麺となります。

 

この低加水麺の特徴は、多加水麺の真逆です。

スープに絡みやすく保存がききます。

しかし、水分が少ないのでスープを良く吸い「伸びやすい」特徴があります。

 

濃いスープだと、それを吸って麺もちょっと味が濃くなります。

それが好きな人もいるみたいですが、普通は味の薄いスープ(塩ラーメンなど)と合わせて出されます。

 

これはどっちかというと西日本のラーメンで主流で、個人的にはあまり好きじゃありません。

もちろん、これが好きな人は好きですよ!

美味しくないって事ではないですので。

 

どちらも一長一短ですが、個性のある麺になります。

あなたの好みはどちら!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です