ビジネス用語2

よく使うビジネス用語集!鼻につく意識高い系ビジネス用語も?

社会人になると、学生の時とは違い「ビジネス用語」を多用することになります。

特に客先に電話するような立場になってくると、知らなきゃ赤っ恥をかくことも…。

ビジネス用語

そこで、今回は「よく使うビジネス用語集」ということでまとめてみました。

私自身も、もうちょっと勉強しなきゃ(^-^;)

とにかく当たり前のように使うビジネス用語から。

 

・御社(おんしゃ) ⇒ 相手の会社のことを、書面等に書くときに使う言葉です。

・貴社(きしゃ) ⇒ 相手の会社のことを、口頭でしゃべるときに使う言葉です。

・弊社(へいしゃ) ⇒ 自分の会社のことを言います。

 

まずはこの3つが基本中の基本です。

 

少し前にメールで、弊社と御社を間違って書いてきた人が実際居ましたが、

もらったほうは「がんばって使ったんだろうな」という気持ちが、

どうしても芽生えてしまいます(^-^;)

 

社会人としては大変恥ずかしいので、注意しましょうね。

 

次はそこそこ使うビジネス用語です。

 

・かしこまりました ⇒ わかりました、ではなくこっちを使います。

・株式会社・有限会社 ⇒ メールに書く際に、㈱や㈲を使うのは失礼になります。

・〇〇致します(いたします) ⇒ 〇〇します、を丁寧に言うとこうなります。

・〇〇御中(おんちゅう) ⇒ 会社名の後や、部署名の後につける「様」に代わる、書面に書く際専用の言葉です。

・〇〇様(さま) ⇒ 個人宛てに送るものには、御中ではなく、様を使います。

 

こんなところですかね。

上記の注意点としては、株式会社や有限会社を付ける位置が、社名の前か後ろかを間違えない事ですね。

会社によってパターンは様々です。

ビジネス用語2

あと、社内でも気をつけなくてはいけないのが、相手の会社のことを呼び捨てで呼ばない事。

会社名だって、立派な名前です。

必ず「〇〇様か、〇〇さん」で呼ぶようにしましょう。

 

いつどんな不注意で、呼び捨てにしているのが相手先にバレる可能性があるか、わかったもんじゃありませんよ。

もしそうなったら…めちゃくちゃ失礼です(-_-;)

まぁ、ここらへんは社風にも関わってくるんでしょうけどね。

 

さて、よく使うのは大体こんなところじゃないでしょうか。

次は使わなくてもいい、

「鼻につく意識高い系ビジネス用語」でも挙げてみます(^-^;)

 

実際に多用する人もいるので、

意味だけはわかっていたほうが良い場合もあります。

 

・リスケ ⇒ リ・スケジュールの略で、計画を練り直す等の意味です。

・エビデンス ⇒ 口頭で言ったか言わないかの水掛け論にならないための根拠、証拠のことです。

 

↓は普通に使うビジネス用語になるのかな?

・キャパ ⇒ キャパシティの略で、やりきれない量の仕事を「キャパオーバー」などと言います。

 

エビデンスを実際言われた時は、「…日本語しゃべれよ(^-^;)」と思ったものです(笑

そんな感じで、社会人をしていれば皆さんも必ず使う人物に出会うでしょう。

 

無理やり使う必要はまったくないので、うまく対応だけしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です