明治時代の服装

明治時代の服装は、洋服が一般的だと思われているけれど実際は!?

明治時代といえば「文明開化」が話題となり、庶民も和服から洋服へと変わり…。

なんてことが教科書などにも花々しく書かれていますが、

明治時代の服装

実際のところはどうだったんでしょう?

実は洋服を着れたのは、明治初期ではごく一部の上流階級の人だけでした。

しかも、何かの祝い事でのみ着る服とされて、

普段は、みんなまだ「和服」が一般的だったんです。

明治時代の和服

 

一番先に洋服が導入されたのは、官僚の制服です。

官僚といえば、明治時代は男性しかいなかったため、

女性用の洋服はまだありませんでした。

 

それから時代の流れとして、

外国人と対等に渡り歩く必要性が生じました。

 

そこで考えられたのが、女性用の洋服も作成して、

パーティーを開くというものでした。

慣れないコルセットを装着しながらのドレス姿は、さぞ大変だったでしょうね(^-^;)

 

準備が大変だった事や、コルセットの装着に苦しめられた女性達の意見から、

このパーティーは数年で幕を閉じてしまいます。

 

しかしそれをきっかけに、徐々に洋服が庶民に広まっていったんです。

 

ちなみに、和服のイメージは窮屈で、動きづらいようなものだと思いますが、

当時の方々も実は同じように思っていて、しっかり着込むというよりは、

素肌の上にサラッと羽織るように着ていたそうです。

明治時代の服装3

女性も同じような着こなしをして、

肌は出ても隠さなかったというから驚きです(^-^;)

 

これも当時の西洋人からは大変驚かれ、

その事から外国人に舐められないような意味合いで、

裸体禁止法が制定されました。

 

それまではそういう法律すら無かったんですね。

なんだかんだで、奇想天外な面白い時代だったんだなと思います。

もしタイムスリップ出来るなら、絶対に見てみたい時代ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です