レモンジーナの再販

サントリーのレモンジーナが販売中止!急になぜ?再販はいつ頃?

サントリーで新発売した炭酸飲料水「レモンジーナ」が急に販売を中止しました!

というのも発売日が3月31日だったのですが、本日4月1日に販売休止ですよ(^-^;)

わずか2日間の間に、一体なにがあったんでしょうか?

急になぜ販売中止?

実は予想の斜め上をいく、バカ売れ状態になってしまったからなんです。

サントリーでは、年間で100万ケースの売上を見越していたんですが、

31日に出荷されたのは「125万ケース」と、既に1日の間で予定数を軽く超えてしまったんですね。

 

レモンジーナの再販

 

この異常事態で、サントリーは嬉しい半面、大変な事にもなってしまっています。

 

サントリー食品インターナショナルは1日、果汁入り炭酸飲料「レモンジーナ」の販売を一時休止すると発表した。3月31日に発売したが、予想を超える販売量で、安定供給ができないため、生産体制が整うまで、出荷を休止する。

同社によると、今年12月末までの販売計画を100万ケースとしていたが、1日までに出荷が125万ケースと、2日間で、年間目標を超える異常事態となった。このため、420ミリリットル入りペットボトルと1.2リットル入りペットボトルともに休止した。自社の国内3工場と協力会社で生産する計画だが、生産体制を早急に確保したいとしている。

引用元⇒産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/150401/ecn1504010067-n1.html

 

バカ売れの引き金になったのは「オランジーナ」の影響?

フランス産炭酸飲料のオランジーナが、今かなりの人気を博していますが、

この人気のおかげで、レモンジーナにも大変注目が集まったとみて間違いないでしょうね。

 

名前から察するにも飲料水の間での兄弟のような、もしくは似た系統のような。

そんなイメージを起こすネーミングですからね。

オランジーナ好きの人にとって、その期待度はハンパじゃなかったはずです。

 

また、もう一つの大きな要素として挙げられるのは、

いち早く入手したオランジーナファンが、

ツイッター等のSNSを通して、「土のような味がする!」という味の評価を下す人が非常に多かったためです。

それに対して気になった人たちが、どんどん「俺も!私も!」状態になって、

このバカ売れ現象が起きたのだと思います。

 

いや~ネットって偉大でもあり、恐いものですね(^-^;)

 

再販はいつ頃になりそう?

情報は今のところ一切ありませんが、生産体制を早急に整えたいというコメントと、

ジュースの売れやすい時期を加味すると、

ズバリ「夏 7月~」くらいでは?と思っています。

サントリーも、売れるのがわかっていて作るわけなので、体制を整える気持ちは楽ですよね(^-^)

 

もう少し時間はかかるでしょうが、今回レモンジーナが飲めなかった人は、

出来るだけ早く再販することに期待しましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です