スズキ、スカイウェイブのリコール

スズキのオートバイ、スカイウェイブが再リコール!なぜ?対象は?

スズキで販売しているオートバイ「スカイウェイブ」について、

なんと平成23年の2月に、一度リコールして改修したにも関わらず・・・。

再リコールの届出が国土交通省に提出されました!

リコール開始日は、明日の平成27年4月3日からです。

またリコールかよ!なぜ?

電源装置に不具合があり、下手するとエンジンの再起動ができなくなる恐れがあるそうです。

長時間のアイドリング後にエンジンを吹かす際、部品の一部が高温になり、

破損してしまう可能性があるようです。

 

スズキ、スカイウェイブのリコール

 

ちなみに、再リコールになってしまった経緯としては、

平成23年2月に実施された1回目のリコールの時に、

対象にならなかったスカイウェイブでも、同じ不具合が発生した為なんです。

なので、今回は更に範囲を拡大した上でのリコールとのことです。

 

スズキは2日、電源装置に不具合があるとして、オートバイ「スカイウェイブ」2万7921台(平成19年2月~24年2月生産)の再リコールを国土交通省に届けた。

国交省によると、長時間アイドリングをした後にエンジンを吹かすと、バッテリーへの電流を変換する装置が高温になり、電子部品が破損。電流が制御できず充電不足となり、走行中にエンストし再始動できなくなる恐れがある。

23年2月に同様の不具合でスカイウェイブなど5車種計約3万台をリコールしたが、改修後も261件の苦情があった。事故の報告はない。

引用元⇒産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/150402/afr1504020011-n1.html

 

事故の報告がないだけまだマシですが、これ遠出した時に壊れたりしたら最悪ですよ(^-^;)

山の中でちょっと休憩して、さて行くかって時にぶっ壊れたりなんてしたら、もう想像しただけで・・・ゾーッ!

 

再リコールの対象は?

スカイウェイブの型式5種類です。

・BA-CJ44A

・JBK-CJ45A

・JBK-CJ46A

・BC-CK44A

・EBL-CK45A

 

詳しくは表が出ていたので掲載しておきます。

スズキ、スカイウェイブのリコール

 

どうでしょうか?

範囲も結構広いので、スカイウェイブに乗っておられる方は対象になっているかをしっかり確認しましょう!

修理はもちろん無料なので、最寄のディーラーへ連絡してみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です