花筏

花筏とは?季語として俳句として、あれ?ハナイカダって花もある?

花筏(はないかだ)について、皆さんはどんなものかご存知でしょうか?

その名の通り、花びらのイカダが出来ている状態を表しています。

hanaikada

桜の花が散り、池に浮かんでいる様はまさに「花筏」です。

有名なのは、さいたま市で行われたイベントでの大掛かりな花筏です。

img_0

この花筏という言葉、春の季語として親しまれ、その言葉は室町時代よりも前から存在していたそうです。

もちろん季語ですので、俳句の中に入れて使うことも出来ますよね。

 

試しに私、駄作ながらも俳句を作ってみました。

 

「ふと想い 視線を落とせば 花筏」

 

いや~、俳句なんて学生時代にしか作りませんでしたから、久しぶりに作ると恥ずかしいものですね(^-^;)

皆さんも、ここで一句詠んでみてはいかがでしょうか?

 

さて、花筏について調べていたら、面白い事がわかりました。

なんと、季語としてだけでなく、そのままハナイカダという名前の花があるようなんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特徴としては、日陰で湿気のあるところを好む、ちょっと変わった花という事です。

 

そして、面白いのはその花の咲く位置です。

葉っぱの上にチョコンと何か乗っているのがおわかりですか?

 

そうです。

これがこのハナイカダの花なんです。

申し訳無さそうに咲いているところが独特、かつ斬新です(^-^;)

 

若葉については、山菜と同じように天ぷらにしたり、茹でたりして食べられるそうです。

 

以上、花筏の季語や俳句についての使い方、番外編でハナイカダについてでしたo(^-^)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です