アコードハイブリッド

やっぱり起きた自動ブレーキ事故!ホンダのアコードハイブリッドがリコール!

これ・・・街の至る所にある障害物で反応して、絶対事故るよなぁ?

自動ブレーキ!と大々的にCMをしているのを見た、私の率直な感想です。

そう思った方は意外と多いのではないでしょうか?

そんな自動ブレーキも、今や色々な最新車に搭載され、普及の一途を辿っています。

しかし、この自動ブレーキで・・・やはり起きました。

誤作動による接触事故です。

東京都中央区で13年11月、走行中に路肩の防護柵に反応して急ブレーキがかかり、後ろの車に追突される事故が発生した。けが人はなかった。

思ったとおり、路肩の防護柵に反応して急ブレーキがかかったそうです。

田舎道なんか走っていると、キレイに舗装されていない道とかもあったりするし、

そこに地元住民が立てた柵なんかがあったら、感知しきれないんだろうと思います(^-^;)

 

リコール対象車はどれ?

ホンダは14日、自動ブレーキに不具合があり、走行中に急停止する恐れがあるとして「アコードハイブリッド」など2車種計1万760台(2013年5月~15年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

2車種あるということなので調べてみました。

 

アコードハイブリッド

・型式 DAA-CR6 アコード ハイブリッド

・型式 DLA-CR5 アコード プラグイン ハイブリッド

範囲は、平成25年5月22日~平成27年4月17日の間に製作されていれば可能性があります。

詳しくは公式サイトを参照して下さい!

ホンダリコール情報 http://www.honda.co.jp/recall/150514_3566.html

 

ホンダの次世代車なだけに残念ですね。

でも、これを機に自動ブレーキの感度をうまく調整してほしいものです。

ま~誤作動は永久の課題のような気もしますけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です