USJ沖縄

USJが沖縄の名護市と本部町にクルーッ!オープンはいつ!?

大阪に本拠点を置くUSJ「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」ですが、

なんと沖縄県の名護市と本部町の2箇所に、新たなテーマパークを同時展開する計画を発表しました!

沖縄県には水族館などはありますが、思いっきり遊べるテーマパークが無いので、

新たな観光客の増加、雇用の増加等の効果が期待されています!

名護市のUSJはいつオープンするの!?

予定では「2018年オープン」です!

開発にかかる費用は200億~300億円とされていて、かなりの投資になります。

場所は名護市内にある「名護自然動植物公園、ネオパークオキナワ内の敷地」が有力候補です!

 

USJ沖縄

本部町のUSJはいつオープンするの!?

まだオープンに関する情報はありませんが、

同時展開ということが発表されているので、恐らく名護市と同じ「2018年のオープン」でしょう!

開発にかかる費用は、名護市と合わせて総事業費は約600億円と試算されています。

 

沖縄のUSJでは、どんな感じに遊べそう?

テーマパーク内を4区画に分けて、半日間じっくり遊べるような作りを考えているそうです。

来場者数が多くなれば、1日で回りきれない場合もかなり想定されますね!

沖縄県に泊まりがけで遊びに来る観光客が、もっと増大しそうです。

 

USJ沖縄

米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社が検討するテーマパークの沖縄進出に関連し、和泉洋人首相補佐官と同社の森岡毅マーケティング本部長らが30日、本部町の国営海洋博公園を視察した。安慶田光男副知事も同行した。和泉補佐官は同公園を候補地の一つだと明らかにする一方、建設地はUSJ側が最終的に決めると指摘。その上で「沖縄全体の発展にプラスになるなら(国営公園の)規制改革も検討したい」と述べ、国家戦略特区に指定されている沖縄の支援に前向きな意向を示した。

 

しかし現在では、都市公園法の兼ね合いで大規模な建設が出来ないようです。

都市公園法では、敷地内の施設の面積(建ぺい率)を原則として公園全体の2%以下とするよう定めている。政府は規制を緩和し、建ぺい率を引き上げることで同公園での大規模なテーマパークの建設を可能とする考えだ。運営会社が進出を正式決定すれば、公園整備や交通ルートの拡充などを見据え、県への財政支援も検討する方向だ。

 

政府がこの「都市公園法」の規制を穏和する考えを発表しているので、

国もUSJの沖縄県進出を後押ししている状況です!

あとは交通ルートの整備等ですよね。

はやくでっかいUSJが完成してほしいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です