MERS新型強毒性ウイルス

MERS新型強毒性コロナウイルスの恐怖!症状や感染経路 予防方法は?

MERS新型コロナウイルスとは、現在韓国で猛威を奮っているヤバいウイルスです!

日本への上陸は確認されていませんが、これ以上感染が広がることのないように注意されています。

そこで気になるのは、どんな症状が出るのか?感染経路や予防方法ですよね。

MERS新型コロナウイルスの症状はどんなもの?

軽い風邪のような症状から、重度になると苦しくて最終的には死にいたるような・・・MERS特有の症状が出ます。

新型コロナウイルスの患者に共通している症状は、急性の重症な呼吸器症状で、発熱、せき、息切れや呼吸困難を伴います。ほとんどの患者が肺炎を起こします。また、多くの患者が下痢などの消化器症状を伴います。一部の患者は腎不全をきたしました。新型コロナウイルスに感染した人の約半数が死亡しました。免疫不全の人では、病気が型にはまらない表れ方をすることがあります。

ほとんどの感染者が肺炎を患うそうです。

死亡率は驚異の50%。

これは怖すぎます・・・。もし感染してしまったら、どうしたらいいのかわからなくなってしまいそうです。

 

MERS新型強毒性ウイルス

感染経路は?

人⇒人への空気感染がほぼ確実視されています。

決定ではありませんが、99%間違いないと言われています。

また、ウイルスの発端はラクダからだと言われています。

 

予防方法は?

空気感染というのが感染経路としては濃厚なので、マスク、うがい、手洗いを入念にすること。

咳やクシャミをしている人の近くへは行かずに、過度な接触を避けることです。

ちなみに、日本国内にずっと居る方はほぼ感染の心配はありませんが、

気を付けなければいけないのは「中東アジア」に最近旅行に行き、呼吸器障害が発生している方です。

 

治療方法は?

現在MERSコロナウイルス用のワクチンはありません。

感染した患者の状態を見ながら、随時医師が対応していくしかありません。

また、感染した際には隔離病棟に移されて処置されることになります。

 

いかがでしたか?

調べてみると、まだまだ未知のウイルスでありながら・・・

驚異の死亡率を誇っている、非常に恐ろしいものだということがわかりますね(-_-;)

最近中東アジアに旅行に行った方が、感染の可能性があるとされているので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です