冥王星とカロン

冥王星に無人探査機ニューホライズンが迫る!人類初のカラー写真公開!

冥王星の探査を進める為、NASAの一大プロジェクト「ニューホライズン」が進行しています!

今回の目的は、冥王星の全容を捕らえたカラー写真を撮ること!

人類初のこの偉業は、月に初めて人が行ったときのようなスゴイことだと思います。

正確には、ニューホライズンが冥王星に到着するまで、あと1ヶ月先とされています。

冥王星ってどういう星なの?

直径が2,320kmという大きさで、実は月よりも小さい惑星です。

地球と月の関係のように、冥王星にも衛星でカロンという星が近くにあります。

 

冥王星の組成については、カロン側がメタンの氷で覆われていて、反対側は窒素と一酸化炭素の氷で覆われています。

総合すると、全体的には氷に覆われた惑星となっていますね。

太陽からかなり遠い位置なので、当たり前です(^-^)

平均表面温度はマイナス200℃を下回るとされています。

 

冥王星ってどのくらい遠いの?

地球から30億マイル先とされています。

1マイルが「1.609km」なので、1.609 × 30億 = 48億2700万km という距離にあります。

果てしない距離ですね(^-^;)

 

宇宙学では光速で表すので、光速にする場合は「1光年 = 9.4605284 × 1012 km」で割ります。

48.27 × 10⁸ / 9.4605284 × 1012

= 5.10225200528 ×10⁻⁴

= 約0.00051光年になります。

 

計算して光年で表すと、結構近く感じますね!

それでも、ニューホライズンで9年半もの渡航時間が掛かっているので、

人類の宇宙船開発にはまだまだ課題が山積みです。

 

6月14日現在で公開されている写真は?

現在は、小さく写された冥王星とカロンのカラー写真が公開されています。

冥王星とカロン

 

ほんのり茶色のような、黄色のような。

そんな色をしていますね。

これから徐々にもっと鮮明な写真が公開されるはずなので、続報を待ちましょう♪

 

ニューホライズンが冥王星に到着するのはいつ?

今からちょうど1ヵ月後の「7月14日」が到着予定日です。

その時点では、人類初の冥王星の全体を写したカラー写真が公開されることでしょう!

待ち遠しいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です