粘着綿棒

子供の耳掃除はどうすれば?嫌がったり痛いと言ったりで大変!

耳掃除は大人なら、自分でササッと掃除出来ちゃいますが・・・。

子供の耳掃除は大変ですよね。

私も子供の頃は、母親に取ってもらっていた覚えがあります。

さて、肝心の子供のほうは嫌がったり、痛い!と言ったり大変なんですよね。

一体どうしたらいいんでしょうか?

子供の耳掃除は、病院の耳鼻科で取ってもらうのが一番!

これがやっぱり間違いない方法です。

期間は大体2歳前後から、耳掃除のことを考えていかなければいけません。

1歳くらいだと、まだ耳垢が溜まっていなかったり、ほぼ無いことが多いようです。

 

でも2歳とか3歳の多感な時期に、じっと横になってと言っても聞くわけがありません(^-^;)

危なくて耳掃除なんて出来たもんじゃありませんので、迷わず耳鼻科で取って貰って下さい。

 

ある程度大きくなった子供には?

7歳くらいになって、落ち着いて横になってくれるようであれば、親が耳掃除してあげても良いですね。

その時は、綿棒ではなく「耳かき」を使ってあげてください。

綿棒だと安全ですが、耳垢を奥に押し込んでしまう場合が多いです。

 

最近だと子供用の綿棒も出ているようで、「粘着性のある綿棒」などもあるようです。

どうしても普通の耳かきが不安な場合は、そちらを利用してみてはいかがでしょうか?

粘着綿棒

 

耳垢のタイプは?

耳垢には個人差で、湿っているタイプと乾燥しているタイプとがあります。

乾燥しているタイプの場合、ポロッと自然に耳垢が取れることもあるそうです。

 

また、これは余談ですが・・・

耳垢が湿っているタイプの子の場合、将来ワキガ体質になる可能性があります。

もちろん100%そういうわけではないのですが、一つの指標としてチェックしておくと良いかもしれませんね。

両親のどちらかがワキガの場合は、優性遺伝しますので要注意ですよ!

 

耳掃除をしないとどうなるの?

不衛生になった結果、中耳炎などを発症してしまいます。

中耳炎になった場合、耳痛や耳だれ、発熱などが起こります。

軽度であれば抗菌薬による治療、重度であれば鼓膜切開の必要も出てきてしまいます。

 

たかが耳掃除、されど耳掃除です。

また、病気を発症しなくても耳が聞こえづらかったりして、普段の生活に支障をきたしてしまいます。

この機会に大切なお子様の耳のケア、もう一度確かめてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です