喉頭がんの初期症状

喉頭がんの初期症状をチェック!もしもの時に見る生存率!

喉頭がんといえば、初期症状の現れにくいものとされています。

そんな中でも、なんとかして症状に気付けないものなのでしょうか?

さらに、もしも喉頭がんになってしまった場合、生存率はどの程度なのかも書いていこうと思います。

喉頭がんの代表的な初期症状は?

喉に異常が現れる場合が多く、喉の違和感や声がかすれて治らない等の自覚症状があります。

また、がんの出来る場所によっては、難聴気味になったり中耳炎になったりもします。

さらには肩にしこりが出来て、だんだんと肥大化してくることもあります。

 

以上をまとめると、喉から耳にかけての異常が現れるパターンが多いですね。

喉頭がんは、年齢が50歳以上の男性が比較的多く発症する「がん」になります。

それにしても、肩にまで異常が現れるとは驚きですね(^-^;)

 

喉頭がんの初期症状

喉頭がんの検査方法は?

検査方法ですが、病院にてファイバースコープを使った検査が一般的です。

鼻に麻酔をかけた後、そのまま鼻から挿入して調べるので、感覚がないまま痛みも無く終わります。

 

また、もしも喉頭がんがある場合、食道にもがんが転移しやすいので「胃カメラ」も一緒に行なう事が推奨されます。

身体にしこりがある場合はその一部を採取して、病理検査というところでがん細胞の有無を検査します。

 

もし喉頭がんだった場合、生存率はどのくらい?

これはがんの進行ステージによって分けられます。

・ステージⅠ  約95%
・ステージⅡ  約90%
・ステージⅢ  約70%
・ステージⅣ  約60%

 

以上のことから分かるように、がんの中でも比較的生存率の高い種類になります。

また、ステージⅠに至っては「放射線治療のみ」でほぼ完治すると言われています。

 

ちなみに、がんの進行ステージとは・・・

・ステージⅠ

がん腫瘍が筋肉の層に侵食してきた段階。

がんの初期段階です。

 

・ステージⅡ

がん腫瘍が、筋肉の層をかなり侵食している状態。

少しがんが進行してきている段階です。

 

・ステージⅢ

がん腫瘍がリンパ節へも侵食してきた状態。

ステージⅡと比較すると、一気に深刻化してくるのがこのステージⅢです。

 

・ステージⅣ

がん腫瘍が他の臓器へも転移を始めた状態。

がんの進行ステージの最終というところで、一番マズい段階です。

という内容になっています。

 

いかがでしたか?

喉頭がん・・・初期症状がわかりにくい場合も多いんですが、症状が出た場合は早急に医療機関を受診しましょう!

初期であればあるほど、完治・生存の可能性が高いがんです。

普段から気をつけて、軽い症状でも見逃さないようにしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です