深爪

足の深爪が痛い!でもこれで歩ける!?治し方や応急処置は?

深爪と言えば、つい夢中になって爪を切り過ぎて痛くなってしまう状態です。

本来爪で保護されている肉の部分が露出することで、痛みが出ちゃうんですよね!

分かりやすく言えば、爪が一部剥がされた状態なわけです。

しかもそれが足の爪だったら、普通に歩くことすらままならないほど・・・。

 

爪が伸びてくるのを黙って待っていれば、数週間は痛みと格闘することになります。

なんとか応急処置をして、歩いても痛みが無いようにすることは出来ないのでしょうか?

そもそもなぜ、足が深爪になっちゃう人が多いの?

足の場合、一番多いのは「爪の中に溜まるゴミが嫌」で短く切ってしまうことです。

たまに確認すると溜まっている黒いゴミのようなものです。

そのゴミが足の臭いの原因になることも多いことから、清潔にしたがる人が陥りがちなのが深爪です。

 

深爪

これの対策ですが・・・

深爪ぎりぎりまで爪を切ってしまうと、どうしてもミスがあった時に深爪になってしまいます。

それを防ぐために、ほんの少しの爪は残すようにしましょう。

1回の爪切りでごっそり切るのではなく、爪切りの頻度を増やし、こまめに切ることが大切です。

 

しっかり爪をケアされているのであれば、お風呂の時に爪の中まで洗えるはずです。

汚れが気になる方は、深爪にするのではなく、お風呂の時に爪の中まで洗うようにしましょう!

 

とにかく痛い!深爪になっちゃった時の応急処置や治し方は?

おすすめの方法は、綿棒などのコットン部分を小さく取って、爪と肉の間に入れてクッションの代わりにすることです。

その処置をした上で、絆創膏で患部はパット部を使い保護しながら固定します。

絆創膏は毎日取り替えるようにし、この方法で1週間~2週間もすればコットンを外せるくらいまで治ります!

これで普段の生活にも支障をきたす事無く、深爪治療が可能です♪

 

いかがでしたか?

深爪は自分で切るだけでなく、ちょっとしたことで爪が一部剥がれてしまった場合にも起こりえます。

そういう時には上記のような応急処置をして、痛みを出来るだけ感じないように治療していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です