デスノート

デスノートのドラマ1話目のあらすじ、ネタバレは?原作と違う!?

デスノートのドラマ化が決定し、どんな展開になるのか皆さん注目しているようです!

2015年7月5日に放送が開始される今作品ですが、

あらすじやネタバレ情報はどうなっているのでしょうか?

調べてみると、どうやら原作コミックとは違った内容となっているようです。

なぜ原作を再現していないの?

恐らく、デスノートは過去にも映画化などで世に出回っており、

同じストーリーでは飽きられてしまう恐れが強いためと思われます(^-^)

 

デスノート

それにしても、ジャンプでデスノートが連載開始された年は「2004年」でした。

あれから10年以上が経過したんですね・・・なんだかあっという間です。

・・・ということは、デスノートをリアルに知らなかった世代が、今回のドラマを見るという事にもなりますね~。

 

さて!デスノートのドラマ1話目のあらすじ、ネタバレ情報ですよ!

原作とは違った始まり方ですので、新鮮さがあります♪

 

デスノート

月(窪田正孝)は、警視庁捜査一課に勤務する父・総一郎(松重豊)と
妹・粧裕(藤原令子)と暮らす平凡な大学生。弥海砂(佐野ひなこ)が所属する
「イチゴBERRY」のライブに行く以外は、学業とアルバイトに精を出す日々だ。

 

イ・・・イチゴBERRYのライブ。

今作のライトは、最初から海砂(みさみさ)にゾッコンのようです(汗

原作のライトとは丸っきり違いますね(^-^;)あの冷静なライトはもう居ない・・・。

 

ある日、彼の前に高校時代に少年刑務所に入った同級生・佐古田(出合正幸)が
現れ、親友の鴨田(柾木玲弥)を恐喝。月は佐古田を止めようとするが、
逆に携帯を取り上げられてしまう。その帰り道、空から一冊のノートが舞い落ちて
きた。そのノート「Death Note」に名前を書かれた人間は死ぬという説明書きを
読んだ月は冗談のつもりで佐古田の名前を書きこむが、翌朝、佐古田が死んだと
いう報せが…!

 

原作では、最初にデスノートを使ったのはTVに偶然映った殺人魔でしたね。

今作では、ワルガキの佐古田という同級生の名前を最初に書いたようです。

 

佐古田の死を大勢の人間が喜んでいる…恐ろしさと同時に奇妙な感覚を味わう
月。そんな折、総一郎が10年前に無差別殺傷事件で逮捕した犯人が、
仮出所中に警官から銃を奪って民家に立てこもり、総一郎が人質の身代わりとなる
という事件が発生する。

 

デスノートの力を知ったライトですが、そんな中・・・父の総一郎がピンチです!

ライトはこのピンチをどう切り抜けるのか?

 

父のピンチを救うため、捨てるつもりだったデスノートに
頼ることになる月。父の命は救ったものの罪悪感にさいなまれる月の前に、
デスノートの持ち主である死神・リュークが現れる。

「このノートを使うも使わないもお前次第だ。お前の欲は何だ?夜神月」

 

デスノートの力で父親の総一郎を救ったライト。

ですが、目の前に死神リュークが現れます!

 

デスノート

ライトの欲とは一体なんなんでしょうか?

もしかして、みさみさ?(笑

 

それから一か月後。月はデスノートの力で凶悪犯を殺害し続け、ネット上で
“キラ”と呼ばれる英雄となっていた。状況を重く見たICPOに派遣され、
本名も正体も謎に包まれた名探偵・L(山崎賢人)が来日。
総一郎たちと協力して捜査に当たることになる。

 

ライトは原作通り、キラとして英雄のように振舞うようになります。

そこに名探偵で天才のLが登場!

ライトとLの知能戦はどうなるのでしょうか?

 

今作品はドラマとしてどうなの?

個人的にはデスノートをリアルに知る世代として、かなり嬉しかったです♪

コミックはもちろん全巻持っていますが、全然違うストーリーなのでワクワクしますよね。

一つ心配なのは、ライトが超平凡な大学生だということ。

はたして天才Lと対決なんて出来るんでしょうか・・・?

 

Lも原作ほどの天才ではない、という設定なのかもしれませんが・・・。

それだと面白味にも欠けると思います。

デスノートの存在を隠し、アリバイを証明し続けるあの「頭脳戦」を影ながら期待しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です