デスノートドラマ9話目

デスノートドラマ9話目のあらすじ ネタバレは?Lの後継者はニア!

デスノートのドラマも9話目になりますが、Lはライトに敗れたようですね。

後継者に選ばれたのは原作通り「ニア」です。

しかし今作では、メロも同時に後継者になったという事・・・危険な香りがしますが・・・?

9話目のあらすじ、ネタバレは?

月(窪田正孝)は、遂にL(山崎賢人)の本名をデスノートに書きこんでしまった。しかし、そのデスノートは偽物!

ようやく自分がキラだと認めた月に、Lは月が自分のたった一人の友達だったと告げる。そこに総一郎(松重豊)たちが駆けつけてきた。

万事休すかと思われた直後、Lに異変が起こり彼は命を落としてしまう。

 

Lの奮闘も虚しく・・・といった感じですね。

二人には友情すら芽生えかけていたんですが、デスノートのせいで間違った方向に進んでしまいました。

 

ここからはニアがキラ対策室に加わります。

ニアだけなら良かったんですが、今作ではもう一つの人格「メロ」も加わってしまったことになります。

うーん、危険な手段をとるメロがどう出るのか!?

 

デスノートドラマ9話目

自分がLの名前をデスノートに書いたせいでLが死んだと総一郎に告白する月。

本物のデスノートをLから預かっていた総一郎は、月はキラではないと慰めるが…。

絶体絶命の危機から月を救ったのは、魅上(忍成修吾)だった。

 

今度こそLに勝利したと確信した月は、総一郎が持っているデスノートを手に入れようと決意。

しかし、死んだはずのLが月の目の前のモニターに現れ…!?

 

Lが生きている!?

真相はまだ謎ですが、ライトをしつこく追い回す存在のようです。

亡霊か幻覚か・・・?どうなんでしょうね。

 

ニア(優希美青)をキラ対策室のメンバーに指名したLは、デスノートを決してキラに奪われないようにとチクリ。

早速対策室に現れたニアは、検察関係者の中にキラがいるという確かな推理力を見せる一方で、純粋な子どものフリをして月を油断させようとする。

 

ライトはこれにまんまと騙されて、ニアの力を見誤ってしまうようです。

Lほどでは無いにしろ、鋭い洞察力と行動力は侮れません!

 

海砂(佐野ひなこ)の記憶もよみがえらせた月は、犯罪者のいない社会を実現するために魅上と共に行動を開始。

粛清の勢いを増したキラは、世間から圧倒的な支持を集める存在に成長していく。

そんな中、総一郎の元に粧裕(藤原令子)を誘拐したという連絡が入った。犯人の要求は、デスノート。ニアはキラが粧裕を誘拐したと断定するが…。

 

サユが誘拐されるとは・・・犯人は完全に「メロ」ですね。

総一郎も居る中で、どうやって誘拐するに至ったんでしょうか!?

やはりマフィアとの繋がりもあるのかな?

 

総一郎の了解を得ての行動なのでしょうか?

でも実の娘に、そこまで承諾するかなぁ・・・?

原作では、キラ対策室とは違った捜査機関にメロがいたので、

今作では状況がちょっと違うんですよね。

 

今後の展開予想!

ライトと魅上が粛清をしながら、ニアを消す方法を模索していくでしょう。

一方ニアも、デスノートの存在や手口がわかっているので、あとは決定的な証拠だけです。

メロの人格がサユを使って、どこまでライト達を追い詰められるのかがカギですね!

 

もしかしたら、メロの人格は精神上のみに存在しているので、

それを逆手にとった強行手段でも死ぬ恐れが無く、安全に追い詰められるのでは・・・?

そうか、そういった使い方も出来るわけか~、と一人考え込んでしまいました。(笑

さてどうなることやら・・・楽しみですね♪

 

⇒デスノート10話目のあらすじ、ネタバレ記事はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です