デスノート11話目

デスノートドラマ11話目のあらすじ ネタバレは?サユ誘拐の真相とは?

デスノートのドラマも11話目となり、物語は最終章に近くなってきました!

11話目ではメロが着実にライトを追い詰め、逃げ場を塞いでいきます。

二人の決着はどういった形で終結するのか・・・!?

デスノートドラマ11話目のあらすじ、ネタバレは?

総一郎(松重豊)が死んだ現場に居合わせた月(窪田正孝)の証言を信じ込んだ警察は、日村(関めぐみ)とメロ(優希美青)を総一郎殺害の容疑者と断定。

月は、警察をコントロールしてメロを探し出し、今度こそ魅上(忍成修吾)の“死神の目”でメロを抹殺しようと動き始めていた。

その先に、犯罪のない“キラの新世界”が待っていると信じて…。

 

総一郎までも死亡し、ついに歯止めが効かなくなった「キラ対策室」。

ライトの思い通りに動き、危なければ自分を守る事も出来る。

最強の隠れ蓑を手に入れ、理想の世界へと着実に事が進行していきます。

 

デスノートドラマ11話目

 

そんな中、月の元にメロから着信が。メロは「必ずお前を殺してやる」と宣言して電話を切った。

その言葉通り、月と魅上、海砂(佐野ひなこ)が密会している写真を月に送り付けたメロは、彼らへの反撃を開始。

メロが本気で自分たちの命を狙っていることを知った月は、最後の戦いに挑むことを決意する。

 

メロはライト達の動きをしっかりとキャッチし、キラである証拠となりうる「3人の密会写真」まで入手していました。

追い詰められたと知ったライトは、メロを消すために動き出します。

一方挑発するだけではなく、更なる証拠を掴むべくメロも反撃を開始します!

 

そして遂に、メロの潜伏先が判明。月と魅上は指定された倉庫に向かうが、現場は激しい銃撃戦になり…。

変装して現場から立ち去ろうとしていたメロ=ニアを、月は確保。

するとニアは、粧裕(藤原令子)の誘拐事件に隠された真相を語り始める…!!

そして明かされる、L(山崎賢人)の思い。果たして月とL、ニアの勝負の先に待つものは?

 

デスノート11話目

 

メロ達とライト達の争いは、銃撃戦に発展してしまうようです!

その結果確保されたメロ、ニアはサユ誘拐事件の真相を話し出します。

死んだLが残した思いを聞き、ライトはどう思うのでしょうか?

2人・・・いや、Lを含めた3人の知能戦はどう決着するのでしょう!?

 

これからの展開予想は?

もう最終話も近いので、ニア・メロとの決着もつけなければいけません。

原作では、ニアには優秀な部下が数人いて、全員が居合わせる形でワザと魅上に名前を書かせます。

ドラマでこういったシチュエーションになるのかが疑問ですが、

ライト達がキラである決定的な証拠といえば、やはりそれしかないでしょう!

 

はたして、どうやってそこまで追い詰めるのでしょうか?

今後も目が離せませんね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です