トレンド情報ならナウアース ~Now Earth~

今注目されている旬なものを、多数ピックアップして紹介しています!

*

手足口病の感染経路は?幼児への感染を防ぐにはどうすれば!?

      2015/09/27

手足口病は主に、幼児に感染して広がりやすい病気ですね!

幼稚園や保育園で、一気に広まっているなんて話も良く聞きます。

そもそも、手足口病の感染経路ってご存知でしょうか?

また、幼児への感染を防ぐ対策法はどんなものがあるのでしょうか?

sponsored link

手足口病って何!?

その名の通り、手や足、口の中に水ぶくれのような発疹が出る病気です。

主に5歳以下の幼児が感染、発症しやすいのが特徴です。

少々の微熱を伴う場合があり、症状が重い場合には合併症などの心配も出てきます。

 

合併症として挙げられるのは髄膜炎など、中枢神経に関係するものがあります。

手足口病だけを見ると大しておおごとではありませんが、合併症のほうが注意しなければいけないようです。

 

手足口病

sponsored link

感染経路にはどんなものがあるの?

飛沫感染(鼻水・唾液のほか潰れた水疱など)、経口感染(便)があります。

一番機会が多いのは飛沫感染のほうです。

風邪と同じように、ウィルスが空気中を飛び感染してしまいます。

 

子供同士の遊び、接触の機会はとても多く、

手足口病の流行化に、拍車を掛けることになってしまいます。

 

また、手足口病に感染している子供のオムツ替えにも注意が必要です。

大多数の大人にも抗体があるとはいえ、ウイルスによって発症してしまう場合があるんです。

 

幼児への感染を防ぐ対策法!

飛沫感染を防ぐためには手洗いが効果的です。

幼児のうちからしっかりとした手洗い方法を学ぶことで、手足口病の予防になります。

 

まだ自分で手洗いが出来ない乳幼児に関しては、親のサポートが必要不可欠です。

何でも口に入れる年頃の子供を、ずっと見なくちゃいけないのは大変ですよね。

不用意に人が多いところに連れて行かない等、気をつけなければいけません。

 

いかがでしたか?

手足口病自体は感染しやすく、予防もかなり難しい病気になっています。

風邪のように流行しやすい性質もあるので、感染してしまっても悲観しないことが大事です。

もし感染してしまったら、出来るだけ外出を控え、流行元にならないように注意しましょう。
sponsored link

  関連記事

粘着綿棒
子供の耳掃除はどうすれば?嫌がったり痛いと言ったりで大変!

耳掃除は大人なら、自分でササッと掃除出来ちゃいますが・・・。 sponsored …

赤ちゃんの貧血
赤ちゃんの貧血で困った!?代表的な症状や効果的な治療法は?

赤ちゃんの貧血といえば、軽度であれば必ずと言っていいほど起こるものです。 しかし …

小児髄膜炎
小児髄膜炎とは?入院は必要?治療方法や後遺症にはご注意を!

髄膜炎の中でも特に注意しなくてはいけないのが、小児髄膜炎です! 子供は抵抗力が弱 …

早期合併症
小児がんの早期合併症と晩期合併症の違いとは?病気と期間の説明!

小児がん治療のあとの後遺症として有名なのが「早期合併症」と「晩期合併症」です。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です