トレンド情報ならナウアース ~Now Earth~

今注目されている旬なものを、多数ピックアップして紹介しています!

*

骨折を早く治す具体的な方法は?食事や栄養で気を付けるべき事とは!?

   

痛いですよね~骨折!

他の怪我とは違い、治療期間中は普段の生活にまで支障をきたすものです。

見た目でもギプスや松葉杖が必要だったりすることから、出来るだけ早く治したいと思う方が多いです。

そこでこの記事では、骨折を早く治す方法や、食事と栄養について気を付けるべき事を紹介していきます。

sponsored link

骨折はどのくらいの期間、治療する必要があるの?

基本的には場所によって、医師が診断した結果で決定されます。

多いのは、骨がしっかりくっ付くまでの「2~3ヶ月」です。

 

が、スポーツなどを骨折の影響無く出来るようになるには、

リハビリ期間として「3ヶ月~1年程度」の時間が必要のようです。

 

ちなみに、骨折してから2週間程度の期間が空いても治療する事は可能なので、

もし骨折の疑いがある場合は、早めに治療を始めるようにしましょう。

遅くなればなるほど、治療の期間や手間が増えていってしまいます。

 

早く治して、治療期間を短くする方法は?

具体的な方法としては、超音波骨折治療が今注目されています。

四肢(手足を含む)の観血的手術を行った場合や、四肢(手足を含む)の難治性骨折については保険適用も認められています。

この方法を用いると、治療期間が2ヶ月程度も短縮された事例もあるそうです。

 

スポーツ選手でも、元プロ野球選手の松井秀喜さん、サッカー選手のデイビッド・ベッカムさんらが、

この治療法を使って骨折を治していたという過去があり、信頼性もあります。

 

骨折を早く治す方法

sponsored link

ちなみに観血的手術とは、その字の通り「血を観る手術」ということで、

メス等を使って患部を切開して、手術を施した骨折治療のことを指します。

 

難治性骨折とは、通常の骨折治療が出来ないような状態で、例えば感染症に掛かった等の場合を指します。

治療期間や生活への支障がかなり大きいので、この超音波骨折治療が勧められています。

 

その他、治療期間中は絶対に禁煙することが大事になってきます。

骨の癒合に大きく影響するので、守らない場合は回復が遅くなるのは間違いありません。

 

また、お風呂は毎日積極的に入浴するようにし、日光浴や軽い運動も適度に行ないます。

これは血行促進の効果があり、骨がくっ付く力を補助する目的があります。

骨折が治ってからのリハビリにも移行しやすくなるので、上記を意識するようにしましょう♪

 

食事や栄養について、気を付けることは?

栄養として大事になってくるのは「カルシウム」「たんぱく質」「ビタミンDとK」です。

ということで準備が簡単、尚且つオススメの食事内容としては「青魚や海藻類、納豆、牛乳」などです。

これらは、骨折が劇的に早く治るようになるわけではありませんが、こまめに摂取することで効果が期待出来ます。

 

いかがでしたか?

もしも骨折治療の際に観血的手術をしている場合や、難治性骨折の場合は超音波骨折治療がオススメです。

保険もしっかり適用されるので、費用対効果でも期待が持てると思います。

そうでない場合でも、普段からの生活で注意する点を意識すれば、骨折は早く治る可能性があります。

安静にしながらも、適度に軽く運動するなども大事になってきますので、

医師の判断を仰ぎながら治療に専念していきましょうね。
sponsored link

  関連記事

打撲
打撲の応急処置は早く冷やす!腫れがひかない場合や内出血痕(あざ)の治療法は?

打撲は痛いですよね(>_<) 不注意で硬いところにぶつかっただけで、 …

火傷 応急処置
火傷で痛みが少なくなる応急処置!水ぶくれの治し方!どう処置する?

火傷は小さい軽症でも、鋭い痛みを伴うつらいものですよね(-_-;) 重度になって …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です