宇宙の果て

宇宙の果ての向こう側はどうなっている?現代科学でここまでわかってきた!

宇宙の果ての向こう側、誰しもが一度は考える謎ではないでしょうか?

人類が持つ永遠の謎の一つであり、それがどうなっているかは想像でしかありません。

しかし最近の科学では、少しだけ宇宙の果ての姿がわかってきています。

宇宙の広さってどのくらい?

人間の想像をはるかに越えた大きさを誇っている、とされています。

その広さは計算上、直径で940億光年とも言われています。

1光年が「光の速度で1年掛かる距離」で、光は「1秒間に地球を7周半するスピード」なので、ものすごい大きさだということがわかります。

そして宇宙全体の大きさは、現在も光の速度以上のスピードで膨張を続けています。

 

光の速度以上での急激な膨張という現象を、専門用語では「インフレーション」と呼びます。

インフレーション理論

このインフレーション理論に基づいて考えられるのは、地球が宇宙を観測出来る範囲は「138億光年先まで」という限界があるということです。

その理由は、宇宙の始まりは138億年前で、その時に発せられた光が今やっと地球に届いているからなんです。

 

それより先は、光が地球に届いていない世界、つまりこちらから見たら真っ暗です。

実際には、そこにも色々な星が点在している可能性が高いんですが、残念ながら観測することは出来ません。

 

宇宙の果て

宇宙の果てはあるの?

最近TVで放送されたサイエンスZEROの内容で、宇宙の果てについて面白い観測結果が紹介されていました。

それは「三角形」を使うというもので、その内角の和を求めると全体像が見えてくるということでした。

 

例えば地球のような球体上に三角形を描くと、内角の和は180度よりも大きくなります。

この場合は「宇宙には果てが無い、球体のような形をしている」となります。

 

それとは逆に、例えば部屋の角隅の部分に三角形を描くと、内角の和は180度よりも小さくなりますよね。

この場合だと「宇宙には果てがあって、壁のようになっている」ということになります。

宇宙に三角形を描く

また、ほぼぴったり180度になる場合には壁のような平面になります。

これだと「宇宙には果てが無く、ズーっと無限に広がっている」という、ちょっと想像し辛い姿になります。

 

この原理を利用して、宇宙の果てはあるのか?向こう側はどうなっているのかを検証しました。

結果はどうだったと思いますか?

検証の結果、なんと「ほぼぴったり180度」でした。

 

ということは・・・宇宙の果ては無く、どこまでも無限に広がっている!

このような結果になったそうです。

 

でもチョット待って?無限にずっと広がってるってどういう事?

研究者の方々も、これには疑問を持ったようで・・・最終的に想像の話になりますが、こうも言っています。

宇宙はキレイな球体ではなくて、かなり歪んだ丸の形なのかもしれない・・・。

ビッグバンの爆発が強かった所、膨張しやすい所、しにくい所、色々な特性があったと考えているようです。

わかりやすく言えば、イボイボが付いたボールみたいなイメージです。

 

イボイボの平面

このイボイボの部分、そこは大小あるけれど実は「少しの平面」が広がっています。

もしかしたら、地球がある場所はこの少しの平面の部分なのではないだろうか?

そういった想像が、今のところ私達が考えられる宇宙の果ての姿なんです。

 

今後どこまでわかってくるの?

これは完全に私の妄想にもなってしまうんですが、観測はやはり138億光年までしか出来ません。

でも、今後の技術の進歩で「光の速度以上の移動」もしくは「テレポテーション」が可能になれば・・・。

138億光年先に移動して、そこで観測をすれば「宇宙の全体像」が今より解明されるはずです。

 

そこまで行くのに、何年先になるんでしょうね(^-^;)

今現在では夢物語ですが、何十年後、何百年後には本当に可能になったりして・・・。

もし現実になったら、宇宙地図なんて物も出来上がるかもしれませんね♪

 

いかがでしたか?

最後は私の想いみたいなものも書いてみましたが、みなさんはどう思いますか?

でも、三角形の内角の和が180度だったというのは事実なので、平面のように宇宙は広がっています。

宇宙の果ては本当に無いのか?真相はどうなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です