涙が目にしみる

涙が目にしみて痛い時は?ドライアイや結膜炎が原因になっている!?

目の疲労や病気は、現代社会では特に多くなってきていますよね!

特に多いとされるのは、ドライアイや結膜炎などです。

症状がひどい場合は、自分の涙が目にしみてしまうようです。

というか昔私もそういう症状持ちだったので、今回改めて記事にしていこうと思います。

涙が目にしみるってヤバいの?

ヤバいというか、猛烈に痛いです。

しかも痛くて目が開けていられなくなり、涙はどんどん出続けます。

そして、最悪の悪循環に陥ってしまいます・・・(^-^;)

 

こうなってしまったら涙を拭くか、痛みを感じなくなるまで我慢するかしかありません。

普通は涙を拭けば良いんですが、どうしても拭けない状態だってあるわけです。

例えばスポーツ中などですね。その1秒が命取りになったりするからです。

 

涙がしみる原因は?

ドライアイか結膜炎、もしくは肌が異様に脂っぽい可能性があります。

また、目にキズが入ってしまっていて、そこがしみる事もあるようです。

単純に言えば、目の使い過ぎで疲労が溜まっている場合が多いです。

肌の脂が目に入った場合も相当痛いので、もしかしたら原因はこっちかもしれません。

 

涙が目にしみる

ドライアイや結膜炎ってどういう状態?

ドライアイは、パソコンやスマホ画面の見過ぎが原因です。

またコンタクトレンズを長時間使用しても、同じように乾燥してしまう原因になります。

文字通り目が乾燥している状態になっていて、目を保護する機能を失っています。

キズも付きやすいし、視力の低下にもつながります。

 

結膜炎の場合は感染症やアレルギー症のどちらかに分類されます。

どちらにしても目が充血して異物感があり、ひどい場合は痛みを伴う病気です。

 

どうやって治せば良いの?

ドライアイの場合は、コンタクトレンズの使用を辞め、パソコンなども時間を減らすようにします。

また、睡眠時間が少なくてもドライアイになりやすいようです。

しっかり休んで、目が乾燥しないように注意しましょう。

あとは目薬をこまめに付けるようにして、保護力を持続させるようにします。

 

結膜炎の場合は、眼科で治療してもらう必要があります。

自分では治療出来ませんので、抗菌剤や抗生剤などを点滴しなくてはいけませんので注意です。

 

いかがでしたか?

私の場合はパソコンのし過ぎ&寝不足で、当時ドライアイがかなりひどい状態でした(^-^;)

部活で剣道をしていたんですが、面を被っていると目が痛くなっても一切触れません。

かなり一大事でした、試合中に片目、もしくは両目とも使えなくなるような状態です。

もちろん試合成績はガタ落ちですよね。

 

でも今になって思うと、本当にそのレベルで収まって良かったなとすら思います。

もしもっと悪化してしまっていたら・・・ぞ~っとします。

 

もし現在あなたが、涙が目にしみる状態であれば、悪化する前に生活習慣を改善しましょう!

早ければ早いほど、本当に悪くなる前に治す事が可能ですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です