シャクナゲ

この季節の花!石楠花(シャクナゲ)の育て方やユニークな花言葉

この季節の花として挙がってくるものの中に「石楠花」という花があります。

読み方は「シャクナゲ」です。

syakunage

綺麗な花ですね(^-^)

西洋では春の花として欠かせないものの一つです!

シャクナゲの開花は早ければ3月から、その後5月~6月にかけて開花時期を楽しむ事が出来ます。

シャクナゲの原種は標高の高い山に自生するので、暑さに弱いとされてきましたが・・・

現在多くの品種改良が行われ、熱にも強い品種が出てきています。

そのため、昔よりも育てやすい花となったんですよ。

 

ただし、育て方には注意点があります。

まず、水不足になりやすい夏時期にいかに水を与えられるかがキーポイントなんです。

土が乾いたら十分に水をあげて下さい。乾燥にはすこぶる弱いんです(T-T)

 

ただし、庭植えで育てる場合は夏以外に水をやる必要はあまりありません。

土が乾燥しすぎないように注意しながら、適度に水を与えるだけで十分です。

 

あと、育てる場所は西日が当たらない場所で、半日陰の環境がおすすめです。

直射日光は極力避けましょう!

逆に寒さには強い花です。

 

そんな石楠花(シャクナゲ)ですが、花言葉は・・・

・威厳

・警戒

・危険

・荘厳

 

です。

ちょっと普段聞きなれないワードかもしれませんね。

威厳とか荘厳だと「偉い」みたいなイメージですよね~。

警戒と危険は「危ない・気を付ける」になります。

 

要約すると・・・

「危険なオヤジ、ちょいわるオジサン」・・・?

 

いや、そんなはずは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です