春霞

この季節に詠みたい和歌「春霞たなびく山の桜花」とは?風景も説明

春霞 たなびく山の 桜花 見れどもあかぬ 君にもあるかな

現代訳 春霞がたなびく山の桜花のように、いくら見ても飽きないあなたです

 

この季節に詠みたい美しい和歌ですね。

練習したい方の為に、読み仮名も記載しておく事にします(^-^)

「はるがすみ たなびくやまの おうか みれどもあかぬ きみにもあるかな」

 

 

ところで、春霞ってどんな状態だかご存知ですか?

これがわからないと、せっかくカッコイイ事を言っても想いが伝わりませんよ~(>_<;)

 

070415usitunaginosakura_600

もし、このような桜を思い浮かべていた方、違いますよ~!

桜も満開で視界クッキリじゃないですか!要注意です!

たしかにかなりキレイな桜の写真で、見ても飽きない状況は同じかもしれませんが・・・。

 

まず、春霞とはどういったものか見る必要がありますね。

霞んでいるんですよ~。

モヤモヤっと(笑

 

という事は・・・。

 

IMG_0555

こういう状況ですね(^-^)

この霞んだ風景に、桜花が山々に広がっている状態をプラスします。

 

うまく頭の中でイメージ出来たでしょうか?

 

 

では正解の画像を載せます。

 

春霞がたなびく山の桜花とは、

 

133657047241813131486_P1070403

こういった風景を言うんです!きれいですよね。

そうです。その名の通り、春に霧が発生している等で「霞んで見える状況」を指します。

正確に言うと、視界が1km未満なら霧と呼び、それ以上なら靄と言います。

 

つまり、ある程度風景は見えるけれど、ちょっと霞んでいるな~くらいになりますね。

 

たしかにこれだけ綺麗な写真を見ると、飽きない気持ちがわかります。

 

これでかっこよく、状況も交えた上で今気になる人に詠めますね(^-^)v

言われても「?」になっちゃう鈍感さんには、ちゃんと説明も加えて教えてあげて下さいね!

 

コロッと来ちゃうかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です