早期合併症

小児がんの早期合併症と晩期合併症の違いとは?病気と期間の説明!

小児がん治療のあとの後遺症として有名なのが「早期合併症」と「晩期合併症」です。

せっかく完治しても、その後にやってくるこれらは厄介です。

 

この2つの病気には症状、期間の違いがあります。

早期合併症では、術後すぐに起こるものが該当します。

 

早期合併症

 

たとえば不整脈です。

脈が早くなったり遅くなったりすると息苦しくなり、心臓や身体への負担はかなり大きいです。

 

また、低血圧や出血なども該当します。

血圧が低くなると、頭痛やめまいを引き起こす原因となります。

冷え性になったり、食欲不振になってしまう恐れもある恐い症状です。

 

 

一方、晩期合併症ではがん治療終了後、数ヶ月~数年の間を経て発症する病気です。

 

「もう完全に治った!」

と思って忘れている頃に出てくる、非常に厄介な存在です(-_-;)

 

ここで誤解が起きやすいのですが、治療前に存在したがんの転移が二次がんではない。

ということです。

がん治療を行った際の、放射線治療跡や化学療法の後遺症です。

 

 

ちなみに症状には「二次がんの発症」「肝炎」「低身長化」「骨粗しょう症」などがあります。

 

二次がんでは、異変をいち早く見つけ早期治療することが大事です。

現在の医学では、二次がんが発症するパターンや起きやすい環境など、わからない事が山ほど有ります。

 

そのため、日頃から注視して体調管理をしていく必要があります。

 

具体的には、発がん物質のものを口に入れないようにする。

身体の不調を確認したら、すぐ医療機関を受診すること。

 

また、低身長化なども悩みのタネとなるようです。

抗がん剤の副作用で、成長ホルモンが正常に分泌されず身長が伸び辛くなります。

 

社会に出た時にどうしても幼く見られてしまい、満足に仕事も与えてもらえないという事があるそうです。

 

「骨粗しょう症」も併発する場合があります。

骨の中がスカスカになる病気ですね。

 

骨の骨量が減っていくと、骨折しやすくなったりとてもモロい状態となります。

ひどい話だと、走っただけで骨折した!

なんて事例まであるようです。

 

さて、早期合併症と晩期合併症は周りのケアが大切ですし、本人が一番つらいものです。

しっかりと支えてあげられる環境作りから始めましょう!

 

実は小児がんに、あのAKBメンバーの増田有華さんも悩まされていたようです。

 

増田有華

しかし、今は完治して元気にアイドル活動を続けています。

 

過去にそういったことがあっても、しっかり今も活躍出来ているということは励みになりますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です